教育プログラム

トップページ > 看護部について > 教育プログラム

看護部教育内容・教育体制について

看護部教育方針

  • 看護部の理念に基づき、安全で質の高い看護・介護サービスを提供できる看護職の育成を目指します。
  • 個々の看護・介護職のニーズと目標を尊重し、専門職業人としての成長・発達ができるように支援します。

新人育成の教育方法

ペア受け持ち制

指導ナースの受け持ち患者を、新人看護師が指導ナースとともに日々受け持ちます。先輩看護師と一緒に受け持つことにより、患者の入院から退院までの経過や看護師としてのスキルを身に付けていく方法です。

新卒1年目のスケジュール

※部屋受け持ち患者の人数は1人から始め、新人の実践力を見ながら増やしていきます。

卒後2年目の年間目標

1. 基本的な看護技術・看護過程を展開できる
2. 救急救命処置技術が安全に実施できる
3. チームメンバーとしての役割を遂行できる

スケジュール

  1. 集合研修 年2回:看護過程の展開
  2. 1年目で未習得の看護技術項目について部署で継続して習得
  3. 各部署での振り返りを行い、今後の学びにつなげる:年3回
  4. 救急時の看護(BLS・気管内挿管介助・レスピレータの取り扱い方)

卒後3年目の年間目標

1. 自立した看護実践ができる
2. 日勤リーダーの役割が実施できる
3. プリセプターの役割が理解できる
4. 救急救命処置技術が安全に実施できる

スケジュール

  1. 集合研修 年2回:看護過程の展開・リーダーシップ研修
  2. 後輩の精神面のフォロー
  3. 未習得の看護技術項目について部署で継続して習得
  4. 救急時の看護

クリニカルラダーについて

教育計画はクリニカルラダーに基づいて立案しています。
各レベルの求める能力を習得することで、当院の役割を果たすために求められる看護師としての能力を養うことを目的としています。